2007年 06月 24日 ( 2 )

第432話 侵食

私とほろ酔いの母の日常

私「最近暑くてさ、やっぱ汗も多いわけよ。そうなると汗臭くて嫌じゃん?」

母「だろうね。他の人はさらに不快だしね。」

私「だもんでスプレーとかないかい?」

母「あ、あるよー。せっけんの香りのやつ。今つけてるけど嗅いでみ?」

私「んっ、別ににおいしないけどなぁ」

母「あ、今日つけてなかったわwwwwwwwwwwww

私「おいwwwwwwwwwwwwwwwwwww

なんだかんだ仲のいい親子であります

どうも、ANZYです


今日何故ニ連続更新してるのかというと、原因はコレ コレだ・・・

いや、一つ目もすごく大事なんだ。ハルヒが念願のゲーム化だからな・・・

だがPSPだから私には無縁の世界だ。だからさほど重要ではない・・・



本題は後者だ。スーゲンのブログにおいての更新の数え方の単位が変わったんだ・・・

いままでは「ワット」だった。レンジだからという理由で。


しかし、タイトル変更と共に「第○○話」になったんだ。私と同じじゃないか!


あいつは戦隊物を意識していると言っているが絶対に違う。

あいつは・・・、私のブログを乗っ取るつもりだ・・・!


少しずつ、少しずつ内部を変えていき、最後にはブログタイトルすら私と同じになる。

そして私のブログの客を完全にすり替えようとしているのだ!


戦隊物を意識していると言ったがあいつは正義じゃない。悪だ・・・!

今は辛うじて「第○○話」程度で止まっている。しかしこれからまた変わっていくだろう。




皆、惑わされないよう気をつけてくれ・・・!
[PR]
by anzy-ryota | 2007-06-24 02:40 | リア

第431話 迷い道フェスティバル

一回書ききろうとした内容が消えて久々にプッツンしそうなANZYが通ります

どうも、ANZYです


今日は、部活の女子の家の近くで祭りをやってると聞き、行ってきました。

静岡市と一概に言っても広いもので、橋のいくつかは越えて行かにゃならんのです。

そして地理感覚の悪い私にとって橋向こうは道の世界。冒険ですよまさに。

てなわけで地理感覚に優れたブニャさんを誘えば行く人もできるし一石二鳥☆


さっそく電話。今日お泊り会やることは知ってるけどお構いなし。

んで連絡。返答はある程度想像してましたが、案の定「微妙」

その後私がちょっと儚げな雰囲気でメールしたりしてたらOKきました。


その後、私がケータイを放置して二階にいってる間に留守電入ってました。

聴いてみるけど肝心な所が全然聞き取れない

祭り行くけど行くの遅くなるから一人で行くか俺のくぁwせdrfgyふじこ


とりあえず勘だけでブニャさんの家行ってみた。誰もいねぇ



ブニャさんのケータイに電話かけてもつながらないので一人で行くことに。

場所は「用宗駅の近くだよー」と聞いていたので、母に駅の位置を聞き出陣。


そしてこれまた案の定、迷いました


私は用宗行こうとしてたんですよ。だけど看板見たら焼津・御前崎方面ですよ

なんかもうはじめてのおつかいみたいな感じですよ。

全然道がわからない。しかもこっちには追跡カメラマンいません。泣きそうです。

はるか遠く、街灯がむなしくきらめきやがります。


急いでその女子にメールで確認。

「今御前崎とか焼津方面に向かって走ったけど、どう考えても間違ってる気がする」


少しして着信が来まして、出た途端受話器の向こうで大爆笑してるわけですよ。

ああ、こっちの焦り微塵も通じてない


その後道を教わってなんとか会場につきまして、合流。

私、教わった道を真逆の方向行こうとしてました


自分の中で自分をやればできる子だと思ってた分無駄にショック受けました


んで合流した場所に妙に沢山人がいるのね。お友達の方ですか。何人いるんだ。


一通り挨拶を交わし、こちら側の人間が沢山いることは把握

祭りを回ろうとしましたが、ブニャさんがまだ到着しておらず。


しばらく談笑しているとブニャから電話。

「えらく入り組んだ道に来ちまったー」  こいつもか


結局ブニャさんと来ても迷うことは確定事項だったようです



そして場所を教えてしばらくしてからブニャさん到着。あれ、4人?


よく考えりゃお泊り会なんだから当然か。妙な孤独感を抱いたよ。



まとまって一段落ついたところで花火をするため移動することに。結局屋台回ってねぇ


んで場所を取り、準備し、花火始めたわけですが男子が乗り気じゃないね

ブニャさんは楽しいと言ってましたが他の3人はいまいちダウナー


一人めちゃくちゃ楽しんでた私は一体なんなのでしょうか



んでなんやかんやのうちにブニャさん含む男たち帰ってしまいました。あれ、私一人?



私「あれ、帰っちゃうの・・・?」

ブニャ「逆ハーレムじゃんwwwwwwwwじゃあねwwwwwwwwwwwwwwwww」

一瞬その通りだとは思ったけどやっぱり少し寂しい。楽しいけど。



その後の状況はと言いますと、花火は早々終了。セクハラ&ツッコミタイムに



うちの部員の女子が眠いといって他の女の人にもたれかかる

それに対してもたれかかられた女の人がセクハラをする

もう一人の人がその人に男目線から見てもキツい平手を頭にキメる



こんなのが私の前で2、3回繰り返されました。どういう環境ですかと

私もう男としてみられてないよねこりゃ。じゃなきゃあの状況はありえない。


少しして、皆が徐々に解散し、女子も眠気ピークみたいなので帰ることに。

適当なところまで同行し、家に帰りました。




んで今気付いた








結局祭行ってなくね?
[PR]
by anzy-ryota | 2007-06-24 02:21 | リア