<   2005年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

第23話 時の流れ

時代「やっぱ対話式が一番やりやすいな」

世代「いや、『楽』なだけでしょ?」

時代「シャラップ!まぁ、それは置いといて本題に入ろうか」

世代「はい」

時代「まずは明日、志摩スペイン村に行ってくる」

世代「唐突過ぎません?」

時代「いや、ブログで予告するほどの話題でもないしさ。てなわけで明日は日記書けませんのでご了承を」

世代「帰ってきてから書きましょうよ」

時代「バカモノ、朝の5時50分集合で帰ってくるのは11時だぞ。とても書く暇と余裕が無い」

世代「とりあえずこの話題は終わりにしてメイポ行きましょうか」

時代「だな。今日、明日香ちゃん見たら風変わりしてて驚いたぞ」

世代「へぇ」

時代「とりあえずSS漁っても前の格好のが見つからなかったから撮り次第載せるけどね」

世代「準備悪すぎですよ」

時代「行き当たりばったりのブログだしな」

世代「認めちゃうんだ

時代「それとさ、騎士が仮引退しちゃうんだよ」

世代「騎士って風渡りの騎士さんの事ですね?」

時代「そそ、大分前から友達だった人だ。因みにSSは↓」

e0067018_19223043.jpg


時代「しかも『コレやるよ』って言われて投擲70%を頂いてな」

世代「太っ腹じゃないですか。」

時代「てなわけで早速、前にフリマで600kで買った70%or60%2枚成功UG4メーバに貼ったんだ

世代「また無茶を」

時代「それで結果がこれな」

e0067018_1925927.jpg


時代「ありがとうアンソニー!!」

世代「誰だよ





종료(終了)

※ちなみに風渡りの騎士さんからのSSの許可は今の所頂いておりません。本人からの意見により削除する可能性もありますのでご了承ください
↑許可得ました
[PR]
by anzy-ryota | 2005-09-30 19:29 | メイポ

第22話 我ネタ人生ここに極まれり

久しぶりの独り言形式日記。夢時代です

いやー、今日もね、ウルトラグレイなわけですよ。
三度の飯を欠かさずにウルトラグレイなわけですよ(

で、まずは報告

e0067018_21513910.jpg


うん、サクチケ無駄使い野郎の久々のレベルアップです
でもね、経験値は何とかなってもどろぽで何度涙飲んだ事かね

e0067018_21531871.jpg

e0067018_21534980.jpg


両手斧促進剤×2

他ドロップ無し(

すげぇや(゚∀゚)

まぁ、それだけならまだ納得いきますがね、昨日一昨日のドロップがね

両手斧促進剤×2

カクリ


多分何かに導かれてます。ワタクシ

多分木こりにでも誘われてるんですよ

山賊のほうがワイルドでいいけどね



えーと、ネタになってないのは対話形式に慣れちゃったせいで独り言形式の勘を忘れてるだけです(




ここまでネタになってないとセンチメンタルになってきますよ


今夜はもう寝ていいですかね?(


だって、ネタも大したもの無いのにこんなマネしたって誰も見てくれないし、しかもしらける事くらい自分でわかってるし、こんなの生殺しだよ





オマケ

e0067018_2231326.jpg


拡声器でパンプキンスピアが140m以上で取引されてるのを発見して触発されました(

ちなみに30%でし




ジパガシャ万歳(゚∀゚)
[PR]
by anzy-ryota | 2005-09-29 22:06 | メイポ

第21話 もうね、やんなっちまいますよ

時代「ぶふぇ~」

世代「変わったため息しますね」

時代「まぁ、置いといてだな、今日も今日とてウルトラグレイなんだよ」

世代「よくまぁやりますわね」

時代「2時間近く狩ってマトモなドロップがカクリだけとかありえないぞ」

世代「だからここで愚痴られても」

時代「だって、すでにETC数百単位で溜まってるんだぞ?泣けるよ」

世代「でも経験値大分上がりましたよね」

時代「まぁな、2日で50%上がったし」

世代「よく飽きっぽいアナタがここまでやりますわね」

時代「チャットに6割注いでるからな」

世代「もっと比率考えましょうよ

時代「で、狩り中に溜めて狩って遊んでたんだが」

e0067018_21594434.jpg


時代「数多すぎて手に負えません♪」

世代「バカですか

時代「だって、総攻撃しかけられてバシバシバシバシッ!って鳴り響いてるからな」

世代「明日香ちゃん驚いてましたもんね」

時代「だな」

世代「でもご主人、今日って狩りしかしてないんですよね?」

時代「ん、そうだが?」

世代「じゃあネタは?」

時代「あるわけ無いだろ」

世代「縛って海に落としますよ?

時代「そんなこと言われてもなぁ。じゃあ漫才でもやるか?」

世代「やりません
[PR]
by anzy-ryota | 2005-09-27 22:04 | メイポ

第20話 恐怖のバトンリレー再び

時代「いやー、やっと20回迎える事が出来まして、これもこのブログを見てくださっている皆様のお陰だと思っております。夢時代です」

世代「やっとこさ20回ですか」

時代「おうよ、喜びに満ち溢れての20回記念だ。」

世代「記念て言ってもやる事はいつもと同じですよね。」

時代「その通りだ。記念なんて名前だけだ」

世代「さり気なくカミングアウトですよね」

時代「で、今日のテーマはバトンリレーなんだが」

世代「ジャンルは?」

時代「食べ物系列だ」

世代「好き嫌いの多いご主人が大丈夫ですか?」

時代「なんとかなるだろ」





☆次のメニューにどんな調味料をかけますか?

●目玉焼き
時代「黄身食べれません」

世代「好き嫌い出るの早すぎですよ」

時代「強いて言うなら醤油ですね」

●納豆
時代「納豆大嫌いです

世代「堂々と言わんで下さい」

時代「(つ∀`)」

●冷奴
時代「醤油&鰹節」

世代「定番ですね」

時代「食事までネタに走れるかよ

●餃子
時代「店売りの餃子のタレです」

世代「無ければ醤油と酢ですか」

時代「だな」

●カレーライス
時代「調味料かける食い物なのか?この料理は

世代「マヨネーズとか?」

時代「そんなもの食えるかぁ!

世代「そこまで言わなくても」

●ナポリタン
時代「スパゲッティ系苦手なんで」

世代「マジですか」

時代「まぁ、敢えて言うなればコンデンスミルク

世代「気持ち悪い嘘つくな」

●ピザ
時代「ピザ嫌いです。」

世代「またか」

●生キャベツ
時代「キャベツは直食いが基本じゃぁ!

世代「食えるんですか?」

時代「食えるかぁ!

世代「食えないのかよ

●トマト
時代「トマト嫌い」

世代「ストレートに言いましたね」

時代「でも強いて言うならコンデンスミルク

世代「食ってみろ」

時代「無理です

●サラダ
時代「サラダはトマト入ってるからイヤ!」

世代「小さい子供みたいに言うな」

●カキフライ
時代「あんまり好きじゃないですけどフライならソースでは?」

世代「あれ?コンデンスミルクは?」

時代「想像しただけでキモイので自主規制した

世代「確かに」

●メンチカツ
時代「ハンバーグー!

世代「それコロッケですよ」

時代「メンチカツにソース以外の食い方あるんですかね?」

●コロッケ
時代「中濃ソースなり」

世代「コロ助か

時代「コロちゃんです♪」

世代「クロちゃんみたいに言うな

●天ぷら
時代「天つゆか塩です」

世代「ボケろよ

時代「無茶言うな」

●とんかつ
世代「・・・この質問は私への宣戦布告か?」

時代「違うと思うぞ

●ご飯(おかず無しの時)
時代「

世代「流し込むんですか?」

時代「いや、味わう

世代「まさに漢ですね」


●周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
時代「えーと、無いです」

世代「無いのかよ、この平凡男

時代「えーと、パン粉と卵をつけて油で揚げるんだったかな」

世代「許してください

●それが一般的なのだとはしっているが、苦手な組み合わせ
時代「プレーンオムレツにケチャップかな」

世代「醤油しかかけないですもんねご主人は」

○次に渡す人5名
時代「さぁ、再びバトンと共に友人達を敵に回すぞ」

世代「開き直るな」

asuka`s blog!
明日香ちゃんです。ええ明日香ちゃんですとも。だって回す人殆どいませんし(

すぅの日記・メイプル日和♪
すぅ様です。お願いします

天啓と幻の狭間。
私のリア友のブログです。フフフ、お前の食生活を暴いてやるぜ(

エルのメイプル冒険記
フィール兄、お願いします



時代「4人しか回せません

世代「泣けてきますね」

時代「ちなみに文句はバトンを回してきたもひょに言ってください」

世代「責任転嫁かよ
[PR]
by anzy-ryota | 2005-09-26 16:49 | バトンリレー

第19話  (ヲタク)ザ・ワールド!

時代「こんばんは、夢時代です」

世代「落ち着いたスタートですね」

時代「今日は色々忙しくてテンション上がらないのが実状だがな」

世代「で、何があったんですか?」

時代「今日は午前8時からの4時間部活でな、その後帰ってからメイポして、その後友人と初めてアニメイトへ行ったわけだ」

世代「アニメイトってあのアニメグッズが大量にある所ですよね」

時代「そうだよ」

世代「既に手遅れか・・・」

時代「何がだ

世代「で、感想ならなんやらお願いします」

時代「うむ。まず入った時にその空気に圧倒されたぞ」

世代「で、入ってみたらどんな感じで?」

時代「キャラグッズの数に驚いたな。しかし途中で空気に馴染めずに頭痛&胃痛勃発

世代「一応まだマトモなんですか」

時代「強調する部分に不満を覚えるが、まぁいいだろう。途中でツバサクロニクルとかのグッズや武装錬金のポスターに惹かれたが金の無さと自制心でカバーした」

世代「惹かれちゃったんですか。しかも金が無いって悲惨すぎですよ」

時代「だって、財布の中280円程度だし」

世代「場違いすぎるぞアンタ」

時代「ドンマイだろ。しかしNARUTOのピンズのガシャガシャやって売り上げには貢献したぞ。」

世代「100円だろ

時代「バカモノ、私にとって100円の重さは1万キロプレス並だぞ」

世代「素直に10トンて言いましょうよ。」

時代「だって、ミスバレンタインが・・・。まぁ、それは置いといてだな、ピンズの内容チェックしたらカカシ先生とヒナタが無いんだ。ひどいだろ?」

世代「知るか

時代「ところで世代。どんどんヲタワールドにのめり込んでないか?」

世代「アンタの愚行のせいだろ

時代「えーと、その後マックでシェイクだけ飲んで帰りました。」

世代「いきなり終わらせないでくださいよ」

時代「だって、メイポネタ書けないし(´・ω・`)」

世代「そんな物悲しい目で見つめんでください。わかりましたから」

時代「で、今日はメイポで延々とウルトラグレイ狩ってた訳だが、ドロップ0ときたもんだ」

世代「まぁ、それは運の悪いご主人からすれば日常茶飯事じゃないですか」

時代「まぁ、そうなんだが読者の皆さんのためにもネタがほしいじゃないか」

世代「まぁ、そうですが」

時代「あ、そういえば一つだけドロップあったんだ」

世代「なんですか?」

時代「

世代「大分ヘビーなドロップですね」

時代「驚いたぞ。夕食から戻ってきたら本部にいたんだから」

世代「そりゃ驚くわ」

時代「その後に明日香ちゃんと一緒に狩ったんだよ」

世代「ほぅ、そうだったんですか」

時代「で、ウルトラグレイ狩ってると必ずリンチされるんだが」

世代「まぁ、足場の割りに多いですしね」

時代「見てくれよ」

e0067018_2125330.jpg


世代「結構格好よく写ってるじゃないですか」

時代「観点違うと思うぞ」

世代「わかってますから。結構なリンチ具合ですよね」

時代「あと、元老とサシでバトルだ」

e0067018_215519.jpg


世代「元老が飛んでるように見えるんですが」

時代「ちょうどジャンプ中だ。でもこんだけ老いてて跳ね回るとか大分おちゃめだよな」

世代「どこがおちゃめなんですか



時代「追記です。両手斧の促進剤ドロップしました」

世代「それだけで書き加えるな
[PR]
by anzy-ryota | 2005-09-25 21:08 | 両方

第18話 メイポでネタがなくなりつつ・・・('A`)

時代「どうも~、夢時代でぇ~す」

世代「バーン!」

時代「いや~、セクシーすぎてごーめんなさいねー

世代「そろそろやめましょうよ」

時代「だな」

世代「で、今日のネタは?」

時代「狩りしてた。まぁ、それだけだ」

世代「首絞めますよ?

時代「やめてくれ」

世代「で、滅多に狩りもしないサクチケ無駄使い野郎のご主人が狩りとはどういう風の吹き回し?」

時代「いや、なんかアヴェンジャーしたくなって」

世代「あまりに気が早くないですかね?」

時代「器は小さくても夢はでかいぞ」

世代「威張るな

時代「( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノ \ / \」

世代「で、本題に戻りますよ。何狩りですか?」

時代「Dゴレだ」

世代「ドラゴレボール?」

時代「あまりに強引過ぎるぞ」

世代「自覚してますから言わないで下さい」

時代「てか、お前がボケるの初めてだよな?」

世代「キニシナイ!!」

時代「お前まさか・・・・、牛君!」

世代「いや、豚です」

時代「パペットマペット

世代「落ち着け

時代「いや、落ち着いてるぞ。まぁ、狩りの様子だ」

e0067018_22392775.jpg


世代「フィクションバレバレだ

時代「確かにフィクションだがここまで貯めた私の努力も評価して欲しいな」

世代「開き直るな

時代「で、そのあと挑発し続けた結果だ」

e0067018_2242847.jpg


世代「逃げ場失ってんじゃねぇか

時代「追い詰ーめられて花が咲く♪」

世代「NOPLANなんてマイナーネタ要らん!」

時代「ちょ、おま、俺がどれだけNOPLAN愛してるのか知らないのか」

世代「知るか

時代「orz」

世代「いちいち落ち込まないでください」

時代「そういえばさ、ゴレ系ってラピュタに出てくるロボットに似てないか?」

世代「どこがだ

時代「コケの生え具合とか目の雰囲気とか」

世代「豚鼻って言って笑ってたあの目ですか」

時代「それはヒ・ミ・ツ♪

世代「だからアンタ男だろ」

時代「それもヒ・ミ・ツ♪

世代「わかったから」

時代「そういえば、画像漁ってたらこんなもの見つけたぞ」

e0067018_22561978.jpg


世代「ちったぁ進歩しないのかアンタの頭は」

時代「(つ∀`)デヘヘ」

世代「照れる理由がわからん。で、今日は他にネタないんですか?」

時代「ん、ないよ?」

世代「至って普通に答えるな」

時代「じゃあどうすればいい?」

世代「さぁ~、私はどうせ豚人形ですから」

時代「あ~ん、世代ちゃん意地悪しないで~






fin
[PR]
by anzy-ryota | 2005-09-24 22:59 | メイポ

第17話 問答無用バトンリレー

時代「はい、どうも夢時代です」

世代「夢世代です。で、ご主人。今日のテーマは?」

時代「今日はもひょのブログからバトンが回ってきたんだ。しかも恋愛系で

世代「ご主人の一番苦手なフィールドじゃないですか」

時代「う、うるさい!お、お、俺だって恋くらいできらぁ!」

世代「片想い限定ですけどね」

時代「orz  いいもん、バルス唱えてこの世ぶっ飛ばすもん」

世代「早まりなさんな」

時代「まぁ、それは置いといて早速やるぞ」

世代「(どうやって答えるんだろ・・・)」



◎お名前と性別を教えてください。
時代「x夢時代x  男です」



◎現在、恋人または好きな人はいますか?
時代「恋人はメイポならいますけど現実ではいません。」

世代「軽くジャブ入りましたね」

時代「まだ大丈夫だ」

世代「満身創痍に見えますけどね」




◎今まで一目惚れをした事ありますか?
時代「ないです。恋は相手を知ることで起きると思っています。」

世代「マジメに答えすぎでは?」

時代「だってボケようがないだろ」



◎今まで付き合った人、好きなタイプは一致しましたか?
時代「orz」

世代「うわー・・・きちゃったよ。」

時代「付き合ったことなどありません!それが日本男児です!

世代「言い訳しないでいいですから('A`)」

時代「こうでも言わなきゃ生きていけません!。゚(゚´Д`゚)゚。」



◎自分から告白しますか?それとも待ちますか?
時代「しません。いや、出来ません」

世代「このチキン野郎

時代「俺はまだまだチキンライスでいいや」

世代「バカか」



◎結婚願望はありますか?
時代「心から愛せる人に出会えたならばしてみたいです」

世代「格好つけるな

時代「(つ∀`)エヘヘ」



◎失恋した時どう対処しますか?
時代「相手の前では潔くして、一人になった時に泣くかと」

世代「意外な一面ですよね」

時代「いや、嫌がっても無駄だろうし」

世代「そっちか」



◎今現在の自分の恋愛を表す曲は?
時代「曲とかわからんよ。助けて世代ちゃん」

世代「私に振らないで下さい」

時代「じゃあ与作で」

世代「いい精神科紹介しましょうか?」

時代「この際アバウトに片想い系の曲なら全部じゃないかと」

世代「ちったぁ限定しろ」



◎お疲れ様でした。次に回す3人をどうぞ
時代「バトン回すと共にその人を敵に回すことはないよね?」

世代「知りません」

天啓と幻の狭間。
私のリア友のブログです。フフフ、お前の素性を暴いてやるぜ(


asuka`s blog!
明日香ちゃんの「攻妖x明日香」の方でのブログ。明日香ちゃん、任せたよ。


エルのメイプル冒険記
ギルメンであり、結構前からの友達であるラファエル氏。始めたばかりで悪いけどもう回せる相手が居ないんでよろしく頼みます(’’
[PR]
by anzy-ryota | 2005-09-23 19:44 | バトンリレー

第16話 時代のメイポにドッキドキィ

世代「なんすか?あの珍妙なタイトルは」

時代「いや、気にしなくていい。わかる人にはわかるだろうから」

世代「一部の人限定でネタを作るな

時代「すまん。でもネタは言わないぞ」

世代「読者に疑問残すなバカ主人」

時代「えーと、ツバサクロニクルの次回予告の一部。それだけ」

世代「大したネタじゃないんだから最初から素直に言えっての。まったく」

時代「だって、行埋めるのに最適じゃね?」

世代「最低だアンタ

時代「いや、だってネタがないんだもん」

世代「これで今日の日記見る人半減ですよ」

時代「しまった!やっちまった!あ、あの、きょ、きょ、今日はネタ祭りですよ

世代「強引過ぎるぞアンタ」

時代「いや、すまん」

世代「一応カテゴリがメイポってことは久々にメイポネタなんですよね?」

時代「その通りだ。詩も毎日やってたら飽きてしまうだろ」

世代「ほぅ」

時代「でな、今日は経験値29%持ってながら手下D特攻だ

世代「最強のバカですね」

時代「いや、何故かその時勝てる衝動に駆られたんだって」

世代「なんか憑いてたんじゃないですか?」

時代「きっと戦いの神でも憑いていたんだろうな」

世代「いや、ネタの神じゃないかと」

時代「マジか」

世代「いや、知りませんけど。で、おおよそわかりますけど結果は?」

e0067018_22134133.jpg


時代「( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノ \ / \」

世代「流石ですね」

時代「で、その後明日香ちゃんが来てくれたんだが、見てたら成仏しちゃったよ」

世代「若干一緒の場所で墓並べるの期待してましたよね」

時代「それはヒ・ミ・ツ♪」

世代「アンタ男だろうが

時代「ごめん、滑るのはもはや承知だ」

世代「やっぱバカだ

時代「あ、そういえばさぁ、ちょっと聞いてくれよ~」

世代「妙な甘え声で言わんでください。で、どうしたんですか?」

時代「実はさ~、今日お泊り会やらバイキングやら誘われてたのに行けなかったんだよ~」

世代「いや、私に言われても。というか何故?」

時代「だってさ~、明日部活なんだもん」

世代「てか、わざわざブログで愚痴こぼすな

時代「だから寂しく好きなアニメベスト100見てたよ」

世代「寂しさの癒し方がよく理解できん」

時代「ガンダム出たときに思わず友チャで『オヤジにも抱かれたこと無いのに!』って言ったのはご愛嬌だ」

世代「リア友みてるんでしょうが

時代「いや、全てをなげうってでもこの台詞は言いたかったんだって」

世代「あ、ご主人の後ろになんか憑いてますよ」

時代「きっとネタの神だろ」

世代「あ、田代だ

時代「orz」
[PR]
by anzy-ryota | 2005-09-22 22:31 | メイポ

第15話 愛を語る

時代「はぁ~・・・」

世代「どうしたんですか?」

時代「いやね、この前失恋系の詩を出したジャマイカ」

世代「出しましたね」

時代「その詩みたリア友が笑いおってな

世代「あらまぁ、まぁでもネタ中心に生きてる中2がいきなりこんなことしたら笑うでしょうね。」

時代「でもさ、愛を語って笑うんならお前ら恋も愛もするなとね」

世代「もしや、あなたが恋愛出来ないのひがんでませんか?」

時代「う、う、うるせいやい!

世代「(図星か)まぁ、でも理解してくれる人もきっといるだろうしね」

時代「そんな人が居ることを祈るばかりだね」

世代「それにご主人が暗いの似合わない」

時代「だな、じゃあ今日も張り切って詩書くぞ」

世代「あ、そういう方向に考えますか。それよりメイポネタが最近無いのは何故?」

時代「だって、チャットしかしないんだもん♪

世代「開き直るな愚か者が

時代「許してください」





あなたの横顔を遠くから見つめているだけで幸せなのに

何故か満たされない

あなたを愛しているこの気持ちは確かなのに

あなたを見るとその気持ちもどこかに隠れてしまう

愛という幸せが何故か私の心を締め付ける

しかし叶わぬ恋と知りながらあなたを愛した

届かぬ想いとわかりながらあなたに恋をした

『好き』と言うだけで全ての苦しみから解放されるのに

伝えられないこの想い

そんな思いが巡りながらまた今日という時が流れていってしまう・・・






時代「こんな感じか」

世代「片想いですか」

時代「その通りだ」

世代「でも、よく笑われながらこんな赤裸々な詩書けましたね」

時代「まぁ、メイポで明日香ちゃんに励まされてな」

世代「ほぅ、なんと?」

時代「『自分が満足できれば他人の目なんて気にしなくていい』ってね」

世代「なんか格好いいですね」

時代「だな。お陰でやる気が出たわけだ」

世代「これからも詩だけじゃなく更新も頑張ってくださいね」

時代「頑張るはずだ」

世代「妙な部分を強調しないでいいですから








[PR]
by anzy-ryota | 2005-09-21 22:52 |

第14話 ウッシッシ

時代「今日は楽しかったなぁ(*´∀`*)」

世代「どうしたんですかご主人」

時代「友達の家で内Pクイズ的なことをしてきた」

世代「なんですかそれ?」

時代「内村プロデュースという番組でやってるクイズでな、問題を出してそれに対して面白回答をするんだ」

世代「またご主人らしいバカ行動を」

時代「うっさい。でもかなり面白かったぞ。『ポケモンいえるかな?でピカチュウ、カイリュー、その次は?』ってので『二枚貝』って出たときは全員で抱腹絶倒だ」

世代「わけわからん」

時代「だな」

世代「ところで、なんですか?あの気持ち悪いタイトルは」

時代「まぁ、今日は詩でも書こうと思って捻りを加えてみたんだ」

世代「捻りどころか迷走に近いですよ」

時代「そこはご愛嬌だ」

世代「ふむ。それで詩の内容は?」

時代「いっちょ前に『才能』とか語ってみたいと思う」

世代「( ´,_ゝ`)プッ凡才人間が吐くセリフじゃねぇよw」

時代「焼き払うぞコラ」

世代「申し訳ありません。もう言いません。許してください。」

時代「まぁ、今回は許してやろう」

世代「で、詩のほうお願いします」

時代「おう聞きたいか俺の武勇伝」

世代「詩を聞かせてください

時代「(無視)俺の伝説ベストテン♪」

世代「泣かすぞ」

時代「スマン」



『才能』


貴方は才能と言う言葉で自分から逃げていない?

才能なんて物は実はほとんどないんだ

例えば勉強をする人は頭がよくなる

サッカーをする人はサッカーが上手くなる

すべては生き方なんだ

たとえ君が勉強が出来なくても

たとえ君がサッカーが出来なくても

それは皆と生きてきた道が違うからでしかない

それなのに自分をダメな人間と思って卑下していない?

才能という言葉は自分を追い詰める言葉じゃない

他人を褒めて更に伸ばす言葉なんだ

だから何も恐れないで

君にもチャンスはあるんだ

人生には無限の道がある

だから君も自分の生きてきた道をを信じて

さぁ今人生の一歩を踏み出そう






時代「まぁ、これが即興で書いた詩だ」

世代「即興ですか。でもコレって自分へのいい訳だったりしませんよね?

時代「そ、そ、そんなことないさベイベー」

世代「図星かよ











END
[PR]
by anzy-ryota | 2005-09-20 21:51 |