<   2009年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

第741話 あの空から降る雨水

雨水さんが引っ越して転校する夢を見た。

学園祭みたいな所で皆に打ち明けてた。私でっかい旗振り回して見送ってた。

で、夢から覚めて冷静に「貸した漫画そのままだったなぁ」って。これも夢だった。

「・・・ブログのコメント見るか。お、miruと明日香ちゃんとモナナ先輩からだ。」これも夢だった。

ゆめはざへようこそ



ディスガイアに生活をもっていかれてるっぽい私です。

今はアイテム強化に御執心。もっとやるべきことがいっぱいあるだろうに高校3年生。


あと、なんかアニメ見たい。ブソレン2週目行くかグレンラガンかマクロス辺りかな。

そういやましまろのOVA2見てないなぁ・・・



ああ、台本覚えなきゃですよねそうですよね。

~コメ返信~
[PR]
by anzy-ryota | 2009-04-30 00:00 | リア

第740話 シャイニング人生

うまい役者は大成しない ヘタな役者がヘタを受け入れた時味が出る

名言集みたいなので見て「ほぇー」と思いました。確かにそうだよなぁ。

私もここ最近、小奇麗にまとまってる気がするからもちっと自由にいくかなぁ。

短所は裏返せば長所になるってやつですね。

ゆめはざへようこそ



ここ最近、「何故ブソレンがこんなにも感動できるのか」をずっと考えてました。


武装錬金。週間少年ジャンプでの連載作品。途中で打ち切り。

打ち切りという不遇の扱いを受け、更に青年漫画好きの私に対して少年漫画。

それでも私の中で堂々の「一番好きな漫画」1位に輝くわけですが。



で、感じたのが、キャラクター達が「筋」を通してるからこんなにも入り込めるんだと。


命をかけても守るべき人たちのために戦い続けたり。

部下殺しをしてまでも、自分の信念を貫き通したり。しかもその後の自決を覚悟で。

正義に媚びず、孤高の悪であり続け、ただ一人だけに信義を貫いたり。


人物達がそういう美学を持っているから、それを美しいと思い、熱く思えるのではないかと。

それぞれがその美学のために命を張り、時にどうしようもない不条理にも立ち向かう。


6週間後には死を撒き散らす怪物になると知りながらも最後まで抗うカズキ。

その期限まであがき続ける姿。それがもう感動モノなんです。

出来るだけ多くの人を守りたいのに、自分が死を振り撒く存在になってしまう矛盾。

結局、人間に戻る手段は見つけますが、そのためには多くを犠牲にしなければならない。

皆の命か、自分の命か。答えはわかっているのにやはり自分の死を選ぶのは辛いわけで。

ここで、今までずっとこんな状況で戦い続けてきたカズキの一言が染みるわけですよ。

オレがみんなを守るから誰かオレを守ってれ・・・・・・

で、まぁ、その後勇気を分けてもらうわけですが。


その後の最終決戦もまた熱い。人々を守るために最後まで自分を犠牲にする。

あんまり言うとネタバレっぽくなるんで控えますが、8巻からはとにかく泣けます。



ストーリ的な事を言えばこんなもんですが、能力も能力で好きなんですよ。

インパクトあり、かっこよさあり、バリエーションあり。

「こいつはやべぇ」ってのを打ち破る所の爽快感とかも好きです。


あと台詞回し。「怒りだ!もう怒りしかない!!」とか。

最大の敵であるヴィクターもまた、被害者であったわけで。

主要な登場人物全てに強い意志と、意味を感じられるんですよね。


戦闘シーンもカッコイイ。るろ剣読んだことある人ならわかると思うけど。

作者が戦闘シーンにこだわりをもっているのでとてもたのしめます。

作者もまた、通すべき筋を持っているんです。



頼むからホント一度読んでみてもらいたい漫画なんです。

今なら中古で全巻セットで1500円くらいで買えちゃうし。全10巻。

PS2版もやりたいなぁ。パピヨンパーク行きてえええええええ!!!!!

~コメ返信~
[PR]
by anzy-ryota | 2009-04-28 00:58 | リア

第739話 オリベー

淫乱の手相が全て当てはまった

ゆめはざへようこそ



SPAC、2週目に行ってきました。

今日は台本の配役決めでしたが、かなりいい役を頂きました。主役級・・・?

今回から参加した私がいきなりそんな大役を頂いていいのかと恐縮です(´・ω・`)

しかし、せっかく頂いた役です!堂々と演じきって見せましょう!



そういえばSMAPの草彅君の件ですが、擁護派が増えてきてますねぇ。

たしかに、普段のキャラクターを見る限り、一時の過ちであるという考え方で正しいでしょうし。

私もぷっすまとか好きなんで、早く復活して欲しいなぁとは思うわけですが。

ただ、今回は偶然直接人目につかなかっただけで、ヘタすればもっと大事だったわけですし。

全裸の男が目の前にいる光景を見たら、人によってはトラウマにもなりかねませんし。

現に、変質者とかの行為でそういうトラウマを焼き付けられた人もいるんじゃないかと。

鳩山さんのアレは言いすぎだとは思いますが、世間が甘すぎるとも感じます。

「草彅君だから~」ではなく、一人の人間として公正な目で見て欲しいなぁと感じました。



私、今度の6月に漢検を受けようと思ってるんですよ。準1級。

今日ニュース見てたら「漢検中止の可能性」とか書いてあって噴いた。

せっかく高いハードル目指そうと決めた矢先にこれですか・・・

漢検DS3も買う決心ついたのに・・・。就職のために頑張りたいのに・・・。

6月を逃すと、もう就職に関わるシーズンには取れないんですよね。11月になるので。

利益を出したのは問題ですが、漢字能力の指標になる事は確かなんですから・・・。

漢検安くなるぜヒャッフー!」かと思ったら「漢検無くなるぜヒャッフー!」とかもうね。

でもまぁ、2級で4000円とか高いよなぁとは当時から感じてました。

「なんで準2級まで2000円なのに倍に跳ね上がるねん」と。

準1級は4500円。いっそ450円になっちゃえよもう。



最近、ディスガイアを再開しようかなと思ってます。DS版の。

後輩の女の子が持っている事が判明したので、ちょっと久々に触れたくなりました。

一回で良いから通信対戦とかやってみてぇなぁ・・・。

ちなみにDSはPSPと違って通信できますよ。他人を誘えますよ。



総会で宣伝して以来、その流れでブログに来てくださった方がいました。

コメントも残してくださって、大変喜んでおります。

明日の学校で「調子乗ってんなよこの野郎」と言われる事は間違いないわけですが。

3年生で部長補佐までやってるくせに一番立場の弱い私。駄目すぎる。

低い声でドス効かせてもヘタすりゃ1年生にいじられる私です。むしろ可愛いな。ないか。

1年生の時は頼れる先輩を目指してた気がしたがそんな事はなかったぜ!

~コメ返信~
[PR]
by anzy-ryota | 2009-04-27 00:52 | リア

第738話 StarDust or 月蝕グランギニョル

少林少女のロケ地の大学に見覚えがあると思ったら思い切り地元でした。

ゆめはざへようこそ


今日は焼津で中部の演劇部の総会をやってきましたー。

今年はうちの学校が代表みたいな立ち位置で、司会をやらせていただきました。

アナゴとペアでやったんですけど、1年生の時から憧れていた舞台にようやく・・・!

各校、3分くらいで自己紹介やるんですけど、それの後にコメント言う仕事です。

もう場所が場所ですから何でもありなんですけど、アニメとか漫画とか声優とか。


「サンホラ」連呼したらお友達がいっぱいできました。


「ちょっとサンホラ好き手挙げてください」って言ったら会場の3分の1が挙手。すげぇ。


男のサンホラーが珍しかったのか、終了後に女子高生に囲まれました。驚いた。

握手攻めとかなんか楽しかったです。決めた、私芸能界に行く。



部活のサイトの方を紹介したんで、もしかしたらそこから人がくるかもしれませんねぇ。

もしそんな方がいましたらコメントを残していただけると嬉しいです。

「サンホラでどの曲好きですかー」とか何でもいいんで、そんなノリで。

マジであと2年くらい演劇部やりたい。



で、散々メイドとかなんとか連呼したわけですよ、自分ちの校長先生の前で。

一校目から眼鏡メイドとか出てくるからいけないんだ!悪いのは私じゃない!


ああ、未来が真っ暗だ
[PR]
by anzy-ryota | 2009-04-25 22:31 | リア

第737話 偉大なる可能性

草薙君が公然わいせつで捕まりましたねぇ。

泥酔し夜中の公園ですっぽんぽんで騒いでいたそうですが。

腐なファンとしては「うらやm・・・けしからん」なのでしょうか。

最近、自分の脳内がじわじわと腐りつつあることから目をそむけています。

ゆめはざへようこそ


部屋の片付けも大分進み、ようやくベッドで寝れそうです。

ちょっとくらい台本作りも・・・とか思いながら片付けに消えたここ数日。

部屋の中の物が2分の1くらいになった。ゴミ屋敷というか不要物屋敷。

元々兄の部屋で、仕事の都合で急いで引越し、私の部屋になったこの部屋。

そんな経緯を持つために、兄のモノがたくさんあるんですよ。それの処理に苦労した。


個人情報云々はいいとして、昔の彼女との思い出の品とかどうしろってんですか。

そっとダンボールにまとめておきました。


あと、「使わないけど便利で捨てれないもの」も多くて難儀しました。

結局、実働時間よりも、悩む時間の方が多かったんちゃうんかと。

思い出の品も、よほどのものじゃない限り、処分しました。

でもやっぱ紐でくくるのは心苦しかったですね。生きてきた証でもあるわけですから。


思い出に縛られて思い出を縛れない。



小・中・高時代のモノ全て整理して気付いたのが中学時代の色気の無さ。

小学校時代にあったのかと訊かれると疑問ですが、中学時代特に酷い。

前にも書いたけど、「女の子とにゃんにゃんしてえええええ」とかほざいてた毎日。

恋愛経験のある人間を僻みつつ恋愛する気0だった自分。今思うと何がしたかったんだ。

女友達はいたけど、どこまでいっても友達!って割り切った存在だったしなぁ。

そういえば自分キモキャラだったもんなぁ。ってかテンションバカか。

一日中「他人を笑わせる事」を考え、人前に立とうとしてた自分。貪欲だったなぁ。

でも、この性質が今の部活に大きく影響してるのかなぁ。

女日照りの環境で培った人格のお陰で女の子だらけの部活に入るという皮肉。

今でこそ自然になったけど、冷静に考えりゃうちの部活って異様だよなぁ(´Д`;)

中学の自分が聞いたら「はぁ!?なにそれ!!・・・はぁ!?」だと思うわぁ。




何が言いたいのかって言うと、別になんでもないんだけど、ただ、人って順応するんだなって。

その切り替えの良さは素晴らしいけど、少し寂しくもあります。

来年になればまた順応しちゃうのかな・・・。演劇部が無くても大丈夫になっちゃうのかなぁ・・・。



とにかく今は今を悔いることなく生きよう。

~コメ返信~
[PR]
by anzy-ryota | 2009-04-24 00:32 | リア

第736話 迷宮入り

自分が自信を持って推す台本ほど部内で評価されない不思議

ゆめはざへようこそ


「クロノスの迷宮」って言って伝わる人、握手しませんか?

学研の漫画であったんですよ。カサハラテツローって人が描いた漫画で。

チャレンジやってる時に読んでたなぁ。肝心の勉強をやらずに。

この漫画のためにウン万円の金をどぶに捨てたのかと思うとやるせねぇ。


カサハラテツロー氏のHP

ここで公開してる「みらくるミルダ」も子供向けながら面白いです。ミルダ様かわええ。

途中から登場する「ひっと」が最初に言ってたクロノスの迷宮の主人公です。

しっかし、クロノスの迷宮のラスボスが、いち家来に成り下がってたのには噴いた。泣いた。


独特なコマ割りを楽しめるんで、時間があったら是非見てください。30分で全話見れる。




さて、また片付けだー!

~コメ返信~
[PR]
by anzy-ryota | 2009-04-22 00:10 | リア

第735話 時は時として激流のように

部屋の片づけをする中で懐かしいものを掘り出しまくってました。

ポケモンスタンプって言って伝わる人間はいったいどれほどいるんだろう

写真とか、手紙とか、文集とか懐かしくて懐かしくて。

不慮の事故で亡くなってしまった小学校の同級生の将来の夢とか見てて切なくなりました。

世の不条理をかみ締めたなぁ。「なんで死ななきゃいけないんだ」って。

その中で、miruからの誕生日プレゼントのテープなんかも見つけました。

私が受験の歳に、誕生日にわざわざお祝いを吹き込んだテープをくれて。

プリクラとか手紙とかも入ってて、当時すごく感動したのを覚えてます。

熊本と静岡だってのに、わざわざ「おめでとう」とか「受験頑張れ」とか。

当時から"人"に恵まれてたんだと再確認しました。幸せもんだなぁ自分・・・

「声がいい」って言ってくれた人や、たまにですが「顔がいい」って言ってくれた人もいた。

「女の子とにゃんにゃんしてえええええええ」とか言ってた当時の自分アホだろうと。

性格どうにかすりゃもうちょっと輝かしい過去があったんじゃないかと今更ながら。

2年しか経ってないんだけど、自分も周りも凄く変わりました。

自画自賛になっちゃうからアレだけど、成長したんだなぁって。

ティーンエイジャーだった頃が懐かしいわぁ。もうじき18歳ですよ。

メイポやってたり、色々あったよ。特にメイポ内で色々あったよ。

仮想世界とはいえ、あの中での交流はかけがえなかったよ。

色んなものを経て、時に何かを失いながら前に進んでいくんだなって感じました。

私の人生にも「歴史」なるものが出来てきてるんだなぁって思いました。

ゆめはざへようこそ


モナナ先輩からのカウンターに対応しますよー




このバトンゎ、まぢで大切に思ってる10囚に送ってね
送り主がホントに大切なら送り返すことッ
送り主ゎ、送った囚から返ってこなかったら友達ゎ考え直したほうが・・・・・


名前

アンジーだよっ。ぐへぇ☆



生年月日

宇宙が生まれたその時、その場所に私は生れ落ちた・・・

プロフィール参照だぜ!



誰カラまわって来た?

モナナ先輩!



送り主ゎ大切?

あったりめぇだ!どんだけ礼と詫びを入れりゃいいかわかんねぇよ!



送り主との交流はぃつから?

演劇部入部してから!



送り主の性格ゎ?

すっげぇエンジョイしてるようでやることはきちんとやってる油断ならない人です。

思いやりがあって後輩を大事にしてくれる人。未だに高校演劇部が帰る家。



送り主とこれカラも?

そろそろ久々に一度くらいカラオケ行きましょうか。



送る10囚はあなたにとって大切?

送らねぇけどな!


ホントにこの10囚でィィのぉ?

ィィよぉ♪



送る10囚に一言ッ

フリーにしておきます。アンジーをボロクソに貶したいドSは持ち帰ってください。



送る10囚は?

フリーだっつってんだろだらず!

ははは!勝手に持っていってやりたい放題やっちまえよおおおおおお!!!!

~コメ返信~
[PR]
by anzy-ryota | 2009-04-20 23:20 | バトンリレー

第734話 足の裏を嘗めろ

とうとうヤンデレメルトが私のi Podに進出した

そういえば、前に璃依ちゃんに話したRe:のワールドイズマインを載せておきます。

Re: ワールドイズマイン-Band Edition- してみた

璃依ちゃん、聴いてみ。純粋にすげぇから。男だからといってなめちゃあかん。

このキマさはガチです。

最近になって久々にニコニコの歌ってみた系動画を見たわけですよ。

ボカロ声があまり好きでないので、歌ってみた系で補完してます。好きな歌い手だけですが。

Re:然り、LPB(暗黒長門の人)然り、いさじ然り。だから相変わらず知識は乏しい。

というかいつ引退したんだよKYT。めちゃくちゃショックだよ。

あの美声の無駄遣いっぷりはもう見れないのか・・・。LPBしかいないのか・・・。

時の流れって寂しいもんだと改めて痛感しました。諸行無常。

ゆめはざへようこそ



SPACシアタースクール行ってきたよー!


自己紹介したかと思ったらいきなり台本読み始まって吹いた。

今回すげぇ駆け足なんだなぁ。


でも皆良い人だからやりやすい!楽しい!



そういえば、今回私が選んでもらった理由は二月公演の秘書役が良かったかららしいです。

人間、どこで報われるかわかんねぇなぁ・・・。

与えられた一つ一つのチャンスに全力を尽くせばいい事あるんだという教訓でしょうか。


残り一年。もう数少ないチャンス。全力でいくぞー!

~コメ返信~
[PR]
by anzy-ryota | 2009-04-20 00:21 | リア

第733話 明日から今日から

明日からSPACが始まるぜー!ってなわけで今日が最後のお休みでした。

ゆったり自宅で過ごしました。ハハ!せっかくの休みに何もしてねぇぜー!

強いて言えば一日中家でヤンデレメルト聴いて唄ってました。

一回録音してみたけどあまりのキモさに消した。何このCERO15指定。

一階に姉がいて小声で唄ったのもあるけどねー。今度カラオケで唄いたい。

原曲知らないのにこっちをもうすぐ覚えそうっていう。

しばらくは忙しくなるかなぁと思いきや、GWは少し余裕があるみたいでなにより。

あと、5月30日はお休みだそうです。これはのんびりフラグか・・・!

ゆめはざへようこそ


正義の味方と美学を持った悪を描きたくてアイデアを練ってたんですよ。

で、一つ思い浮かんだんでこんなのどうかなぁと。


正義のヒーロー:文字通り世界を救うヒーロー。

少女:ヒーローを慕っている。普通の少女であり、ヒーローを心から尊敬している。

敵:人の心を改造して余計な感情を持たない人型戦闘兵器を作り上げようとしている。
  ヒーローを民衆の前で打ち倒し、人類に絶望を与えようとしている。
  今回、感情を操作する技術が完成し、被験者を捕まえるために街に出没した。
  「敵」と書いているが、組織ではなく、一人。悪しき科学者である。


正義のヒーロー(名称考えてない)は、今までに大勢の人を救ってきた。
しかしその裏で、わずかながらでも犠牲を伴う事はあった。
100人を救うために1人を見殺しにしなければならない現実の存在に苦悩していた。

ある時、自分を慕ってくれる少女が街中で敵に人質にされる。
敵の出した提案「少女の命か、無造作に選ばれた10人の命か、選べ。」
結局ヒーローが出した答えは「少女を救うこと」。

また自分の出した結論によって誰かが死んだ。もはや心が耐え切れない。
そしてヒーローはある決断を下す。「心なんて無くし、無心で人を救おう」と。
ヒーローは自ら敵の研究所を尋ね、心の改造を依頼する。
それを呑む敵。しかし、特別な操作であるため、3日は待てという。

心を失うまでに残された3日間。ヒーローは最後に少女に会おうと訪ねる。
事情を全て話し、別れの挨拶をするつもりで。
事情を知った彼女は怒り、ヒーローを強く責める。
「たとえ死ぬ命も、自分の犠牲によって多くを救えると納得して死ねるならそれが弔いになる。
 最後まで悩みぬき、それでも救えないのならまだ諦めもつく。
 しかし、ただ無心の取捨選択で切り捨てられるだけの命だと知ったらどう感じるのか。    」
非情になる事がヒーローの条件ではない。
それに、その選択は己の限界を決めつける選択。
「どちらかを選ぶのでなく全てを救う可能性を信じて強くなればいい」と少女の言葉。
いつからか自分の力をここまでと決め付けていたことに気付くヒーロー。



主旨としては、可能性があるならそれを信じて努力していこうという話。

最近、自分で限界を決め付けてる所もあったから、それのアンチなのかもしれない。

選択肢の数は決まっていない。努力の分だけ選択肢は増えていく。


ちょっと台詞とかも考えてたらやたら敵がかっこよくなった。

心を捨てようとする主人公に陰ながら失望する様とか、

あえて”三日”という考える期間を与えたりとか、

さりげなくヒーローを”宿敵”として認めていたりとか、

敵同士とは言え、互いに高いプライドがあり、それを理解しあい、そこを信頼しあってる様とか。

なんだ、こいつツンデレか。

自分の中に「通すべき筋」を持つ人間ってかっこいいよなぁ。



ベタとか厨二病満載とかでも面白いかもしれない。

しかしやればやるほど敵がパピヨンみたくなっていく件。

~コメ返信~
[PR]
by anzy-ryota | 2009-04-19 02:07 | 台本

第732話 変わり行く日々を見つめて

えー、この場を借りまして、言いたいことがあります。

多くの人には関係ないので、読み飛ばしてくださって結構です。

すみませんでした、カピバラさん。

まず、順を追って事情を説明しましょう。あまりに突然の事でしたから。

部活の後、後輩達に私が「カピバラさんてどんな感じの人なの?」と聞いたことが発端でした。

どういう容姿なのかが私の中で一致せず、すれ違ってもわからないだろうとの事でして。

今までもニアミスした事は何度もあったようですし、それでも気付かないとあれば。

一方的に知らないまま、というのもどうかと思いまして、話をしていました。

「一度面と向かって話してみたいねぇ」と言った私に後輩の子達が取り計らってくれまして。

そこで、あの形になったわけです。

「普通に挨拶交わすだけ」程度に考えていたので、あんなに驚かれるとは思わず・・・

しかし、コメントでの反応を見て考えれば「軽率だったな」と思います。

ちょっとしたサプライズくらいの気持ちでもいましたし。

流石にこの状況で直接会って話せるわけもないだろうと思い、この形をとりました。

しかし、いつかで良いので一度会ってお話をしたいなぁとは思っています。

一方的に知らないのはやはり失礼な気がするので・・・。

改めて、あんなに驚かせてしまい、本当にすみませんでした。


ゆめはざへようこそ


このバトンが誰にも消化されないという。

中身の薄いバトンですけど、まさか10人に回して総スルーは予想だにしなかったよ。

もしゆとりがあったらやってね!



最近、昼休みにバスケやってます。クラスの男子で。

運動音痴の私ですが、運動自体は大好きです。

しっかし、皆積極的だし、上手いからなんともお荷物感です。

あ、でも今日初めてシュート入りました。すっげぇテンション上がった。

ってか何か青春だよね!休み時間に友人とバスケなんて!

あとはドリブルさえ出来ればマジ青春だと思う!貰った瞬間パスを出す男。

そうだ、鐘子さん。何か気をつけるといい事を教えてください!

とりあえず「左手は添えるだけ」と「諦めたらそこで試合終了」は心得ています。


この調子でやって二学期くらいまでにある程度動けるようになりたいなぁ・・・!




部活に一年生の子が10人も来てくれました。まだ仮入部の段階ですが。

これで人数は総勢28人。思えば遠くへ来たもんだ。

3学年合わせて15人とかでも多いと思ってたのになぁ。約2倍か・・・。

しかし、それでも中学テニス部の私達の学年の数に及ばないという。

今思えば狂った人数だったなぁ。一学年で29人とかテニスに目覚めすぎだろこいつら。

まぁ、それは置いといて、今年はこの形でスタートかなぁと思います。頑張るぞー!




あと、もう一つ部活ですが、台本決めの時期が来ました。

今回、私はSPACさんの企画に参加するので主役級の役は出来ないのですが。

それでも脇役等の形で出ようと思っています。それが許されたからSPACに参加したし。

先生ともお話して、「こっちに出れないくらいならSPAC断る」の姿勢でしたから。

たとえ他の劇に参加しても私は市商演劇部員。ここで舞台に立てぬなら。

しかし、「音響とかやれよ」という微妙に不穏な空気を感じずにはいられないこの頃。

まぁ、本当に「なんでやらねぇんだよ」って話なんですけどね。

一年生の時に、自分の居場所を感じれる数少ない場所が舞台の上だったからなんだろうなぁ。

クラスでも空気のような存在だった自分が、「自分」を認識できた場所でした。

今でもそれは引きずり続けてるんだと思います。認識して欲しいんだなって。

「もし公演で舞台に立てなかったら」と思うとゾッとしますから。

迷惑は一応承知しているんですがね。必ず劇のどこかに私が入ろうとするから。

縋り付いてでもこの舞台にいたい。そのために練習してきたのかなと思ってます。

ただ、認めさせるだけの実力を伴わなきゃ「頑張った」なんて気休めなんですがね。

最近、つくづく自分の力不足を痛感している次第です。ビジョンが不鮮明。

「もっと○○出来ないのか」という問いに答えが出ずに悶々しています。

もう伸び代は無いのかと悲観的にもなりましたが、それなら悩みませんよね。

まだ、舞台の上の自分に可能性を感じています。というより、信じています。

というのも二月以来、どこか自分の中で劇に対する価値観が変わったような気がします。

まず、台本選び。ギャグ路線に対する拘りが無くなりました。

笑える笑えないでない「面白さ」を感じれば、それで良いんだと思うようになりましたし。

話が重くても、それを納得し、呑み込ませてくれるエンドであればいいと思いますし。

ただ、不幸に何らか意味を見出さない後味が悪いだけの作品はごめんです。

ネガティブな事柄を元に、人が何かしら変われる物語。そういうのが好きです。

観客に教訓を残したいっていうのは出すぎた考えですが、思うところあればなぁと。


こういう考えの変化がある以上、演劇そのものに対する価値観もどこか変化してると思います。

それが正の方向なのかわからないし、なんなのかすらわからない。

それを確かめてみたいと思っています。新しい台本で。

なんとしても、どんな役でも、演ずることができればなと思います。

「演じることができる」事自体がまず偉大で、感謝しなきゃいけないことですよね。

時々見失いかけます。「次こんな役がいい!」とか身勝手振りまいて。


舞台上が私の帰る家。私を迎え入れてくれるなら、それに見合おう。
[PR]
by anzy-ryota | 2009-04-17 02:34 | リア