おれちゃま

年間チャートにもってけセーラーふくが出てた。

それは別に想像の範疇なんで気にしません。

でも、歌手名が「らき☆すたの4人」は少々酷だと思う。

どうもANZYです


デパート終わりました。疲れた疲れた。

店頭でひたすら演説じみた宣伝など、非常に忙しかったです。

二日目のラストとか最狂でした。ちなみにパンの店舗。


店頭で搬入時刻の宣伝してたら人集まりすぎて本部に怒られた。

店舗がある2階フロア全体に声が響いていたそうです。

「この後1時30分頃より本日最後の搬入を行います。出来たて焼きたてほっかほかのパンが欲しいというかた、是非この時間を忘れないでください!1時30分!今から10分後でございます!この機会を逃してしまうと今年の市商デパートではもうパンを買うことはできません!是非ともお集まり下さい!いらっしゃいませー!」


で、パンの搬入が終わり、販売開始。人来過ぎて逆にやべぇ。

しかし、しばらくして落ち着いた頃に副店長衝撃告白。


「搬入あと一回あるってさ」


お い こ ら


散々「最後」を強調したのにもう一回ですよ。なんてこった。



「申し訳ございません!先程1時30分の搬入を最後と申し上げましたが、あと一度残されておりました!こちらのミスでございます!本当に申し訳なく思っています!しかし今度こそ最後の最後!ラストです!ファイナルです!この機会を逃してしまえば本当に今年度の市商デパートではパンを買うことは出来ません!是非皆様この時間を忘れないで下さい!2時20分!およそ5分後でございます!」


一応デパートは三時半終了。

人は減っていましたがそれでも大勢の方がまた列んでくれました。


おかげさまでパンは無事完売。なんか皆に超誉められた。


そして今日の閉店式、全校で行う式の中で先生のお言葉。

式典は苦手な私、どうもうとうとしてしまいます。


「私は今回、非常に感動しました~」だの何だののありがちな下り。

しかし、


「パンの店舗の演劇部の男の子が顔を真っ赤にしながら必死に頑張ってました。私はその中に高校生らしい活気を感じとる事ができ、とても嬉しかったです。」



一 瞬 で 目 が 覚 め た



なんか全校の前で誉められちゃったもんで嬉しいやら恥ずかしいやら

おかげでテンパって誰に何言われてもしどろもどろでした。


てなわけで今ここで話させてもらいます。


今回、私が頑張れたのは店舗の皆さんのおかげです。お世辞じゃなく。

皆さんが私に優しくしてくれたからこそ、頑張ろうと思えました。

今回学んだことは、社員に必要なものは信頼できる上司。

どの方も心強い支えでしたし、頼りがいがありました。

特に店長にはとても優しくしていただきました。

手術後でサンダルだった私を見て「座ってていいよ」と言ってくれたり

店頭で宣伝している私に「無理しないでね」と言ってくれたり

終わった後に「○○君のおかげだよ」と労ってくれたり。


自分自身が大変な立場なのに絶えず周りの事を考えてくれました。


社会に出る時が来たら、この店長さんのような人の下に就きたい。



市商デパート、非常に多くの事を学ばせてくれました。



最後に、誰に言うわけではありませんが、



ありがとうございました!
[PR]
by anzy-ryota | 2007-12-10 20:58 | リア
<< 価値 繰り返す哀しみは >>