第513話 おうーい世代さんやー

ホームレス中学生ネタがわからんのですよwwwwwwにぱーwwwww

ゆめはざへようこそ


ANZY「ヤックル!

世代「209話ぶりの登場なのに名前間違えんなコラ

ANZY「それにしても304話から登場してないのなお前」

世代「なんかの間違いだと信じたいけど検索した限り事実ですね

ANZY「いや、でもホラ、世界樹の迷宮のアルケミストはお前だぞ」

世代「むしろ豚を見るような目をしてるじゃないですかあのキャラ

ANZY「いやぁ、もっと早く出してもよかったんだよ。正直に言うと」

世代「じゃあなんで出してくれなかったんですか?」

ANZY「いつまでも・・・、お前に頼ってちゃダメかな、って思ってさ・・・」

世代「あなたの自立のために1年以上放置された私の身になってください

ANZY「そろそろ名前を出さないとお前忘れられちゃうよな。外見ごと。」

世代「既に手遅れ感が否めないです」

ANZY「ホント、ゴメンな。お前を長く一人にしちまって・・・」

世代「いや、そんなシリアスになられても・・・」

ANZY「ウソだよバーカwwwwwwフヒヒヒヒヒヒヒヒwwwwwwwwww」

世代「すいませーん、誰かこの馬鹿どうにかしてください

ANZY「ってかさ、「ANZYと世代」ってやりづらくね?「世界と世代」じゃね?」

世代「少なくともアンタが言うべき台詞ではないぞそれ

ANZY「ずっとANZYで通しちゃうとさ、どこで世界を持ってくるか悩むんだよね。」

世代「確かメイポ記事の時は世界を名乗るつもりなんでしたっけ?」

ANZY「そうなんだけどさ、今のメイポって10歩歩くとフリーズする仕様じゃん?

世代「アンタだけですよそれ

ANZY「あと、誤解が起きないように言うと、ANZYと世界は別人設定だからな」

世代「うるせぇ、いちいち細かいんだよこの中二設定が

ANZY「ひ、ひどい。未来も世界も時代もANZYもみんな別人なのに・・・」

世代「どうせ読み手には伝わってないんですから、いいんですよこんなの」

ANZY「いや、譲れない部分があるんだよ俺にだって!一人称だって違うぞ!」

世代「俺→私になるだけでしょうが。」

世界「いや、私になるだけでも大分違うでしょ」

世代「いきなり変わられると見づらいことこの上ないです

世界「とりあえずさ、お前と話すときはいつも世界でいるよ。やりやすいし。」

世代「もうちょっと早くその結論に至って欲しかった


世界「でさ、自慢していいかな?」

世代「バレンタイン前後に合計で13人から貰ったとかいう話題じゃなければ

世界「え、あ、もちろんじゃないか!あの・・・、そうだよ!最近元気だよ!

世代「もうちょっとアドリブ力を身につけてください
[PR]
by anzy-ryota | 2008-02-16 00:45 | リア
<< 第514話 自分恐怖症 第512話 信じられないことばかり >>