第692話 ああいっそ蝋人形にされたい。

朝起きて鏡見たら横髪だけ長門みたいになってた。

ゆめはざへようこそ


結局幸薄い日々が続いております。

3日に初詣に参り、おみくじを引けば

ああ、薄幸。あくまで不幸ではなく、薄幸。

たしかにろくなことがないからなぁ。内容が内容なだけに日記に書くかためらってますが。

若干自棄気味な新年ですガチで。他人との距離感が本気でわからなくなってる。

「やばい、自分痛い。ひっこめひっこめ」と自分を諫めても心が暴走します。

普段、寝床に就けば5分以内に寝る私が数十分寝れません。

一人がこの上なく寂しいです、今は。テストとかがあってんなこと言ってられないけど。

後輩の子に教わったやり方で自分を気持ち整理してるけどまとまらない。

あれです、ノートに自分の気持ちを書き殴るってやつです。

効き目がある人ない人がいるそうですが、もしかして私には効かないのか。

書いてる内容が論理的一貫性に欠ける。矛盾に満ち溢れてる。むしろそれが悩みか。


・自分の気持ちの矛先がわからない

・矛先どころか、何を考えてるかすらわからない

・なまじ自分を客観視出来てる部分があるだけに苛まれる


この三つが大きい気がして。自分が傍から見て「アイタタター」ってなってる自覚が辛い。


こうやって書いてみて思うのは、人恋しさが大きいんだと思う。いっぱい遊びたい。

今の所は部活が心の支えですね。騒いでいるうちが華。

すげぇ矛盾だけど引きこもりたい。あえて引きこもりたい。


あー・・・、暇な人はメールくれたりすると喜びますよ。事の次第もそれなら言える。


すみません、バトンは後日消化します。あと三つくらいだったかなぁ。
[PR]
by anzy-ryota | 2009-01-07 01:42
<< 第693話 肝の硬いところ 第691話 幸薄い二日目 >>